知ってて当たり前!?機械式時計のメンテナンスの仕方

機械式時計は一生モノ

機械式時計とクオーツ時計、この両者はゼンマイ式なのか、電池で動いているかで大別されています。

機械式時計はゼンマイ式で動いており、職人が一つ一つ手作業で作っているため大量生産ができないことが特徴です。

そして一番の特徴は、一生モノであるということで、しっかりとメンテナンスを欠さなければクオーツ時計のように決まった寿命がありませんので100年でもそれ以上でも使い続けることができます。

しかし、ずっと使い続けるためには手入れが非常に重要で、手入れをしなければあっという間に壊れてしまうのも機械式時計の特徴です。

実は自分たちで手入れできる箇所は殆ど無い

メンテナンスの方法と言っても、機械式時計は非常に緻密にできた精密機械ですから素人が迂闊に分解などをすると真っ先に壊してしまうでしょう。

実は自分らでできるメンテナンスというのは、精々ゴミが入らないように気を使ったり、汚れがついたら拭いてあげるといった程度で、結局のところ本格的な手入れをするためには時計店を尋ねる必要があるのです。

では時計店側はどんな箇所をメンテナンスしているのかというと、例えば歯車などは摩擦によって削れていくので、それを丸ごと交換したり、油も劣化するので新しく挿し替えたりしています。

どのタイミングでメンテナンスを頼むのかは、一般的に初回メンテナンスは購入から4年後、それからは3年ごとに行っていくのが良いとされていて、ユーザー側はこのメンテナンスのスパンを忘れないことが最大のメンテナンスだと言えるでしょう。

グランドセイコーを取り扱っている店舗はそれほど多くないことから、実績のある時計店の品ぞろえの良しあしを比較する必要があります。