誰でも簡単!自分に似合うメガネを選ぶ方法

メガネは人の印象を決める重要な役割がある

メガネは視力を矯正するためのポピュラーなグッズです。コンタクトは目の中に入れるという使い方ですが、メガネは目の中に入れて使用するのではなく、レンズがはめ込まれているフレームを鼻と耳で支えるという使い方です。

そのため、コンタクトよりは目への負担は小さく、使用する上でのリスクは何もありません。このように、メガネは視力を矯正するグッズではありますが、重要なことは人の印象を決めるという役割があることです。

メガネを使用している場合と裸眼の状態では、同一人物だったとしても印象は大きく変化します。なぜなら、レンズやフレームの形、色など、メガネは自分好みの物に仕上げられるからです。ですから、まずは自分に似合うメガネを見つけることが大切です。

フレームやレンズにこだわる

自分に似合うメガネを見つけるためには、どのような印象を与えたいのかを明確にすることが始める必要があります。たとえば、柔らかい印象を出したい場合、角のあるレンズを使用するよりは丸型のレンズの方が効果はあります。

逆にクールな印象を出したい時は角のあるレンズを使用することをお勧めします。また、フレームの色が明るくなると派手な印象になる一方で、茶色や黒といった色のフレームを使用すると、落ち着いた印象を与えられるようになります。

顔の大きさやパーツの状態、髪型などによっても印象は左右されるため、メガネだけで理想的な印象を出せるとは限りません。しかし、フレームやレンズにこだわりを持って自分に向いているメガネに仕上げることができれば、理想的な印象に近づけます。

メガネの通販を初めて利用する際には、返品制度が用意されている店舗にお世話になることで、度数が合わなかった場合にも対応できます。