しっかりと巻いておこう!機械式時計のゼンマイ巻きあれこれ

ゼンマイ巻きはお手入れの第一歩

独特の存在感が魅力の機械式時計。しっかりと手入れを行えば、100年は使い続けられるようなモデルも存在します。

一方でその高級感から、自分では装着せずに観賞用として飾っておく人も少なくありません。しかし、実際には機械式時計はゼンマイを巻いて使うことで、その後も長くもつように作られています。ゼンマイを巻かずに放置しておくと、内部の潤滑油が固化してしまい、結果的に機械式時計を故障させる原因になってしまうのです。

機械式時計のゼンマイの巻き方

機械式時計の動力であるゼンマイも、無闇やたらに何度も巻いて良いというものではありません。機械式時計が正確に時刻を指し示すようにしたいのであれば、必ず決まった時間に決まった分量だけ長く巻くようにしなければなりません。

手巻き式の場合、ゼンマイをいっぱいまで巻けば、およそ40時間駆動します。しかし、時間が経てば経つほど時刻の狂いが大きくなるので、やはり24時間おきに巻くのがベターです。その際多少動力が残っている状態なので、思いっきり巻き上げるのではなく、ゼンマイ巻きに引っかかりを感じた時点で止めておくようにしましょう。

自動巻きの機械式時計はゼンマイ巻きがいらない?

日常的な腕の振りで動力を蓄える自動巻きの機械式時計の場合、基本的にゼンマイ巻きは必要ありません。しかし、購入した直後や、長期間腕に装着していなかった場合はゼンマイがほどけて動力が無くなっている可能性もあるため、ゼンマイ巻きが必要になってきます。

その際、自動巻きの機械式時計はリューズからゼンマイまでの心棒が手巻き式よりも細く作られている場合が多いので、余分な力で内部部品を傷めないよう、気をつけて巻くことが重要です。

ウブロの高級腕時計は、従来の常識では考えられなかった素材を使っていることが最大の特徴です。たとえば炭素繊維や、プラスチックなどが使われています。