はじめての多頭飼い!どのように仲良くさせるか

犬同士の相性の見極め

難しいのではないかと思いがちな多頭飼いですが、犬同士の相性次第では、良き遊び相手になってくれるでしょう。そんな犬同士の相性の見極め方について説明します。
見極め方としてまず先住犬がしっかり躾けられているかが問題です。先住犬が躾けられていないと新しく来た犬に噛み付いたり吠えてしまったりと、難しくなってしまいます。
躾けられていれば見極めは簡単。ペットショップやブリーダーさんへ先住犬も連れていき匂いを嗅がせます。先住犬が挨拶できれば問題ないでしょう。吠えてしまったり威嚇をしたら相性はあまり良くなる事はありません。
犬同士も本能で仲良くできる相手か見極めます。

家に迎えてからの対面方法

新しい犬を家に迎えた場合まずサークルの中に入れます。そこから飼い主と一緒に先住犬をゲージに近寄らせ、しばらくはオスワリの状態で新しい犬を眺めます。
怖くないよ敵じゃないよ、という事をお互いに確認させてください。先住犬が興奮してしまい飼い主の言う事を聞かない場合はゲージから離し、落ち着いてからチャレンジさせます。何日か繰り返しゲージから出し対面させます。
はじめは、追いかけ回し疲れてしまうくらい駆け回りますが大丈夫。
犬も限界をわかっているので、どちらかが止めの合図を出します。すると大人しくなります。
また遊びたくなるとどちらかが遊びに誘うでしょう。
その際、お水を一緒に飲ませたり大きめのぬいぐるみなどを与えると二匹で引っ張り合いをしたり一緒に水を飲んだりと、同じ遊びを共有する事で先住犬が、甘噛みをして限度を教えたり、本当に痛い事をしたら怒られながら付き合い方を覚えていきます。犬同士元は群れで行動する生き物なので大丈夫です。

子猫販売の実績のある店舗の取り組みは、各地のペットショップの公式サイトなどで紹介されることがあり、具体的なサービスの内容を確認することができます。