どちらの方法で買う?ペット購入の2つの方法

ペットショップで買う場合

ペットを買う最もメジャーな方法は、直接ペットショップに足を運ぶことです。ペットショップで買う大きなメリットは実物を見られることです。犬や猫であれば実際に抱っこさせてもらえるショップもあるので、触れ合ってみてから選ぶのもよいかもしれません。注意点としては、ペットショップで販売されている犬や猫は、はやくに母の元から離れていたり、ショーケースに入れられていることでストレスを抱えているということです。さらに、ペットショップの規模にもよりますが、必ずしも1件のショップで自分の好きな犬種・猫種が見つかるとは限りません。しかし何件かのショップを巡ってたくさんの種類の犬・猫に出会い、その中からお気に入りの1匹を見つけることがペットショップで購入する際の醍醐味です。これから家族になる1匹をしっかりと自分の目で選ぶことも大切です。

ブリーダーから買う場合

友人や知り合いなど身近にブリーダーがいることは珍しいことなので、ブリーダー探しからはじめる必要があります。飼いたい犬種・猫種が決まっている場合はその種類の犬や猫を専門に育てているブリーダーを訪ねてみましょう。ブリーダーからの購入は、ペットショップで買うよりも低価格で購入でき、適切な血統管理がなされています。しかし、優良なブリーダーを見つけるのは難しいとも言われています。最近では優良なブリーダーを紹介している専用サイトもあるので、そういったネットなどでの評判を十分に確かめて信頼できるブリーダーから譲ってもらうようにしましょう。

子猫販売なら東京で探すことで、品ぞろえの良い店舗の腕利きの販売員と飼育方法について打ち合わせをすることが可能となります。